保護者のみなさまの不安・不満を共有する

子育ての不安や不満は日々のストレスの大きな原因の一つです。「毎日だらだらして」とか「こんな成績ではどこの高校に行けるのだろう」とか。。。

多くの場合、この問題はお母さまがおひとりで抱えていらっしゃます。向陽義塾では年間に3回、面談ご希望アンケートをお配りして、ご希望者と個別の相談に応じています。生活のこと、成績のこと、志望校、いじめ、不登校など、なんでも結構です。おおむね1回の面談は1時間ほどですが、時には2時間以上になることもあります。1回の面談では解決しない場合は、何度でも、ご安心いただくまでお話を伺います。

 

 お子様に関わる大人の一人として、生徒には人生の先輩として、お力になれることが何かあると考えています。

 

※面談は、アンケートだけでなく、ご希望に応じて随時行うことができます。

自立心を育てる

 向陽義塾では生徒の自立心を育てることを目的の一つにしています。高校生になったら、塾に頼らず目標に向かって自ら計画を立て、確実に実行する。そんな『おとな』になって欲しいと願っています。責任感、自制心、持続的な行動力を伸ばすには成功体験が重要な要因になります。私たちは、出来ないことを責めるのではなく、出来た(または頑張った)ことを褒めることで目標達成に近づくと考えています

映像講義の魅力

私達が一番素晴らしく思うことは、学校でまだ習っていない新しい単元を、何も教えなくても(画面の中の先生が教えてくれているのですが)生徒たちがどんどんできるようになっていくことです。彼らは「ひとりでできた」という達成感と成功体験を1時間1時間積み上げていきます。
今までの授業形式の塾や、頼ってしまいがちな従来の個別指導塾ではできなかったまさに画期的なシステムです。
毎年悩む生徒が多い、方程式や連立方程式の文章問題、一次関数や二次関数を、「PC見たからわかる」と言ってどんどん解いていってしまうのです。
現場の講師の仕事は、生徒たちが映像講義を何回見てもわからないところを少しだけ導いてあげること、生徒のモチベーションを維持して、個別に適切な宿題を出すことだけになり、その分ひとりひとりと向き合うことができます。